大化改新の舞台にもなった歴史深い土地に佇む談山神社で本物の装束体験! 蹴鞠装束または巫女装束を着て通常非公開で重要文化財の東の透廊で神拝詞奏上。そしてそのまま境内散策!本物の空間で本物の装束をきて由緒ある建物をバックに自由に撮影OK(境内に限る 撮影不可の内部もあります)。 飛鳥時代に中大兄皇子(のちの天智天皇)と中臣鎌足(藤原鎌足)が蹴鞠会(けまりえ)で出会い、多武峰(とうのみね)山中で大化の改新に向けて談合。のちにその場所を「談い山」(かたらいやま)と呼んだことから談山神社となったという由来。歴史の一幕を感じていただけるプランです。
一般財団法人 奈良県ビジターズビューロー
装束を着用し、境内限定で写真撮影もしていただけます。
体験談を投稿する前に、もういちど発言内容をご確認ください。なお、本掲示板の目的にふさわしくない内容を含むと判断した投稿は、投稿者に断りなく削除させていただくことがあります。
*のついている項目は必須項目です。

*
* (ニックネームOK)
*

(確認の為もう1度入力してください)

*

○参加したメンバーを教えていただけますか?
 (友達・家族・恋人・会社の仲間・一人)
○どのような体験が心に残りましたか?
 (開催場所やガイドの印象など)

※Ctrlキーを押しながらファイルを選択すると複数選択できます
(最大5件)

    この枠内に画像をドラッグすると削除されます